留学でグローバル人に

グローバルな人材を求める企業が多くなってきましたが、外国語が出来ればグローバルな人材になるのではありません。海外の文化を知っているだけでも不足するでしょう。自国の文化を把握した上で、外国人にも説明できるレベルが求められているので、このためにも留学は良い機会となります。

日本人だけでなく海外に留学した際は、それぞれの国の事を話す機会が多くなります。お互いに知らない国の事を学び、知りたいと思うことから自国の説明をする機会が増えるでしょう。しかし、日本人の中には、自国の歴史や文化のほか、昔ながらの食事の説明をするのも難しいと言う方が目立ちます。

説明できるレベルになってから留学しなくてはいけないと言うことではなく、留学をすることによって外国人に尋ねられることを理解し、自分にはどんな知識が欠けているのかを知るチャンスを得るのです。留学をしないと「何が分からないのかも分からない」というままになることも多いので、「分からないことを知る」ことが出来る留学は非常に貴重です。

知らないことがあることを発見できれば、それに対して補う知識も明確になるでしょう。このようにして留学は自分の知識を増やすための機会として有効活用できます。